So-net無料ブログ作成

カラスの復讐が怖すぎる! [動物]

20190910163921.png

鳥が集団で襲ってくるなど、まさにパニック・サスペンス映画の世界だ。しかも鳥たちは意外にも賢い。もしも相手を選んで襲ってくるとしたら…?

■「思い当たることが」と男性
インドのマディヤ・プラデーシュ州のスメラという村に暮らすある男性は、ここ3年にわたり、外を歩くたびにカラスの攻撃に遭うとして悩んでいる。しかもカラスたちは、複数の人のなかから彼だけを選んで襲ってくるそうだ。

『タイムズ・オブ・インディア』の取材に、「思い当たることがたった一つあります」と話すその男性。彼は3年前、鉄製の網に絡まり、もがいているカラスのヒナを発見し、助けてあげようと試みた。だがヒナはとても弱く、彼の手の上で死んでしまったという。

関連記事:行政も参考になる?『鉄腕DASH』のカラス対策が絶妙

■とんだ誤解から逆恨み
高いところからその光景をじっと見ていたカラスたち。彼らはその一件で男性にヒナを殺されたと誤解したのだろう。「とんだ逆恨みから攻撃を始めたとしか考えられません」と男性は話している。

友人によれば、カラスたちは男性を見つけた途端にカーカーと騒ぎ始め、仲間を呼び寄せるとのこと。1羽ずつ戦闘機のようなスピードで急降下し、鋭いくちばしや爪で突っつくそうだ。

それは非常に痛いといい、男性は3年にわたり外出時には必ず棒を持ち、威嚇のためそれを振り回しながら歩いている。

■専門家によると…
ボパール・バルカトゥッラー大学で鳥類の行動生態学を研究するアショク・クマール・ムンジャール(Ashok Kumar Munjal)教授は、そのあたりについてこう説明している。

「カラスは大変優れた記憶力を持っています」

「彼らは一旦怒り出すと、相手を一羽あるいは集団で攻撃することがあります」

「執念深く執拗にとまでは言いませんが、少なくとも恨みは忘れないでしょう」

■想像以上に賢いカラスたち
仲間に危害を加えたと感じる敵について、姿や臭いなどでしっかり他と識別し、何とか仇を討とうとするカラスたち。想像以上に賢く、また手ごわいことがわかる。

黒々とした外見やごみをあさる姿から忌み嫌う者は多いが、この鳥を敵に回さず、もしも人間の味方に付けることができるなら、何か意外な形で社会に貢献してくれるのかも…と期待するのは無理な話だろうか。


・合わせて読みたい→学生時代に教師から性的視線を感じた? 30代女性に続く2位は意外にも…

引用元(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ)



共通テーマ:ペット

子イルカの死を受け入れられず必死で海面に押し上げる母イルカの姿が悲しすぎる........ [動物]

身近な人の死を受け入れるのは、簡単なことではない。
そして、それは人間だけではなくイルカも同じようだ。

20190803020801.png


米フロリダ州で撮影されたこちらの動画。すでに息絶えた子イルカの体が沈みかけるも、それを必死で海面に押し上げているのは母イルカである。子供の死を受け入れられず頑なにそばを離れない母の姿からは、悲しみの中にも深い愛情を感じ取ることができる。

ボートに安全運転を呼びかけ
動画をツイッターで公開したカヤック&カヌー会社の「See Through Canoe」は、このように述べている。

母親は死んだ子供を手放す準備がまだできていないようです。調査をしてみなければわかりませんが、どうやら子イルカはボートに当たって亡くなってしまったようです。イルカの泳ぎが早いからといってボートに当たらないなんて思い込まないでください。

子イルカは頻繁に呼吸をするため海面に上がる必要があり、その際にボートのスクリューに当たってしまったのではないかと推測されている。

動画には悲しむ母イルカのそばに寄り添う仲間の姿もとらえられており、集団で行動をするイルカの習性を物語っているかのようだ。突然子供を失った母親の悲しみが仲間のサポートで少しでも癒えることを願ってやまない。





共通テーマ:ペット

母グマ、我が子のために柵越えた? 有刺鉄線に被毛残る..母の愛情! [動物]

 ヒグマが確認された5日以降、閉園が続く札幌市南区の国営滝野すずらん丘陵公園に、クマが高さ約3メートルの柵を越えて入った可能性があることがわかった。道立総合研究機構環境科学研究センターの間野勉・自然環境部長が25日、同公園クマ対策会議で明らかにした。


20190727020922.png

 食べ物の跡などを調べた結果、新たな痕跡は15日を最後に見つかっていないことなどから、同会議ではクマは園外に出たと判断し、29日にも公園を再開する。

 園内で確認されたのは母子とみられる2頭。7月4日夜にセンサーカメラに写っていた画像では、母グマは園内に、子グマは柵を隔てて園外におり、その後2頭とも園内で確認された。最初の撮影場所の近くでは柵の上端の有刺鉄線にクマの被毛が付いていた。とげを外側に向けてあるため、外から柵を越えてきたとみられる。近くに子グマが入ったらしい穴もあった。

 ヒグマの雄は6~7月の繁殖期、子連れの雌を見つけるとつきまとい、繁殖のために子グマを殺してしまうことがある。雄が警戒する人里で母子グマがよく見つかるのは、子どもを守ろうと雄を避けて行動しているからだという。

引用元:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20190725002491.html





共通テーマ:ペット

柔術でクマを倒した?クマを倒した英雄がいた! [動物]

ナイフ一本で野生の熊を倒した超人が話題に!

ミネソタ州センターシティにて、とあるアメリカ人男性が奇跡の生還を果たした。

カプコンの大人気サバイバルアクションゲーム・バイオハザードを彷彿とさせる驚異的な生存スキルに、世界中のネットユーザーが驚きの声を上げている。

当日、ブランドン・ジョンソン氏は家族や友人と共にサンドストーン近郊の森林でキャンプを行っていた。

時刻は真夜中。

鬱蒼と生い茂る木々をかき分けながら薄暗い森の中を進んでいると、ジョンソン氏の前に突如クマが現れた。

クマは、200kg以上もの巨体を揺らしてジョンソン氏に襲い掛かってきた。

強烈なタックルをくらったジョンソン氏は、一撃で失神寸前に。

大口を開けたクマがジョンソン氏の腕に噛みつくと、ジョンソン氏の左腕は一噛みで粉砕骨折。

ジョンソン氏は右手に持っていた10cm超のサバイバルナイフで本能的に反撃。

奇声をあげながら死にもの狂いでクマの体をめった刺しにした。

驚いたクマは、ジョンソン氏の腕を離すとその場から逃げ出した。

ジョンソン氏はあらん限りの声を振り絞って妻や友人たちに助けを求めたが、仲間が駆けつけるより先にクマが戻ってきてしまった。

クマは再び大口を開けてジョンソン氏に突撃。

ジョンソン氏は右手に力を込めると、がら空きになったクマの口の中にナイフを突っ込んで喉に刺した。

クマはジョンソン氏の体を放り投げると、よろめきながら森の奥に去って行った。

クマの死体が発見されたのは翌日のことである。

クマとナイフ一本で戦ったことに関して、「全身からアドレナリンが出ていたせいで、死の恐怖を全く感じなくなっていたよ。」とコメントしているという。

38423491.gif





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
田舎暮らしのロマン